ベニテングタケはシカが食べていた!

2021年02月23日 16:57


DSCN7262R_20210223164411a65.jpg
DSCN7261R_202102231644097db.jpg
美しい毒キノコの「ベニテングタケ」、毎年秋にわが家の白樺林の間に顔を出す。それが今頃なぜ、この欄に?先日のNHKTV「ダーウィンが来た」で分かった。やはり一夜のうちに姿を消すのは、エゾシカが食べていたのだった。でも人間がこれを食べると、おう吐、けいれん、精神錯乱を起こすというのに、シカは大丈夫なのか。しかとはわからないが、シカには毒を消す酵素が体内にあるらしい。だから好んで食べる。長野県でもこれを塩漬けにして、うどんのだしなどにしているという。う~ん!
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    https://kussharo.blog.fc2.com/tb.php/4558-f5472971
    この記事へのトラックバック